弁護士 豊崎寿昌

2254490

2002年05月

2002年05月14日

模擬弁論準備

本日は、司法修習生の民事模擬裁判の模擬弁論準備に立ち会ってきました。

模擬裁判というと、証人尋問がメインでしたが、前修習委員長の発案で、争点整理を目的とした模擬弁論準備を行うことにしたのです。

これは確かに効果的で、漠然と証人尋問に突入すると、争点の意識のないままわけのわからん証人尋問で終わってしまう危険のある事件について、争点の共有が図れることになります。

本日の手続きでは、発案者の前委員長自ら裁判長役を買っていただき、熱意のあまり、原告方に加担しすぎではないか?という疑念が出るほど積極的に訴訟指揮を行っていました。

しかしそれでは収まらないのが当事者(模擬裁判ではありますが、すっかり当事者気分)。見るに見かねた被告本人役の弁護士が、なんとタイムアウトを要求して、被告代理人役の修習生たちを裏手に連れて行き「裁判長の言いなりになってると負けちゃうよ!!」と入れ知恵。

戻ってきた修習生たちがやおら求釈明の申立を乱発して原告代理人役を混乱させ、今度は原告代理人役の修習生たちが悲鳴を上げてタイムアウトを要求。

面白くはありましたが、予定の時間をとっくに過ぎてしまい、被告代理人顧問のはずの私が修習生を見捨てて途中で退出しなければならない結末になってしまいました(苦笑)。

2002年05月13日

SONY CLIE NR-70V

nr70v.jpg
買ってしまいました。遂に。また一つSONYの軍門に下ってしまった(笑)。

いわゆる、ウイング・スタイルのCLIEです。

Palm系のPDAはずっと興味があったのですが、これまで使ってきたのはCASSIOPEIA A-51に初代シグマリオンと、ずっとキーボード付きのマシンを使い続けてきました。

CASSIOPEIAの方は、なんと3年も大事に使っていましたが、さすがに動作のとろさと液晶の暗さに嫌気がさし、一昨年暮れにシグマリオンに乗り換えました。

ところがこのシグマリオン、昨年10月にヒンジがぐらぐらになったのに続き、今年3月にはキートップの一つが壊れて押せなくなってしまい、使えなくなるのは時間の問題という感じに。

WindowsCE系もすっかりポケット型のみになってしまい、キーボード付きはほとんど淘汰されてしまいました。

そんななかで、Palmに豆粒のような、とはいえハードウエアキーボードを備えたCLIEの登場は、さすがSONY、やられた!と脱帽せざるを得ません。

ただ、実際に使ってみようとすると、このキーボード、オカヤシステムズのシール型のキーボード(Palmに貼り付けて使うもの、以前店頭でさわったことがある)に比べても、なかなか触感がいまいちで、早く打てるようになるかはかなり難しい感じではありますが………配列もいまいちですし。

まだ充電をしてセットアップしたのみであり、今後調教(?)していきたいと考えています。

弁護士 豊崎 寿昌

(とよさき としあき)

弁護士 豊崎寿昌

  • 東京弁護士会所属
  • 由岐・豊崎・榎本法律事務所(東京・八丁堀1丁目)パートナー

Copyright © 2001-2005 由岐・豊崎・榎本法律事務所 弁護士 豊崎寿昌 All Rights Reserved. Powered by Movable Type