弁護士 豊崎寿昌

2254490

新司法試験

2006年02月03日

新司法試験

ロースクール1期生の受験する「新司法試験」の申込数が2137人だそうです。

初年度の合格見込み数が900~1100人と伝えられていますから、このままいくと、合格率はやはり約50%ということになるのでしょう。

司法制度改革審議会の最終意見書での「例えば7~8割」という数字からは、大きくずれた数字なのは、以前から(これとかこれとかこれ)触れていますので、いまさら書きませんが、一つだけ、書き忘れていた論点があります。

それは、司法制度改革審議会の議論では、ロースクール導入の理念は、「法曹を1回の司法試験で選抜するのではなく、ロースクールの教育課程を通じて選抜する」というものだったということです。従って、本来、ロースクールの学生全員がそのまま卒業して司法試験受験資格を得ることは、あってはならないはずだったのです。

仮にロースクールが、卒業時の審査を厳しくして、3割落第、と言うことにすれば、新司法試験の受験者は1500人程度となります。あらあら、1100人合格なら、立派に合格率7割以上じゃないですか!

まあ、同様に考えても2年目以降はやはり合格率は下がるので、上記のような議論は1年目しか通用しませんが。

でも、ロースクールの経営を考えると、絶対に卒業審査を厳しくして、自分の首を絞めるようなことはやらないだろうなあ。かくして制度設計の理念は、「市場経済」の前に崩れていくのでしょうか。それとも、数年中に負け組ロースクールは淘汰されて、合格率は相対的に上がるのでしょうか?(学生の質を度外視して、合格者だけを闇雲に増やす、という結末だけは避けて欲しいものですが………)

日時 :
2006年02月03日 23:27
コメント :
[ 0 ]
トラックバック :
[ 0 ]
メニュー :
業務日誌 > 司法改革

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/blog/mt-tb.cgi/42

コメントしてください

コメント入力情報を保存しますか?

弁護士 豊崎 寿昌

(とよさき としあき)

弁護士 豊崎寿昌

  • 東京弁護士会所属
  • 由岐・豊崎・榎本法律事務所(東京・八丁堀1丁目)パートナー

Copyright © 2001-2005 由岐・豊崎・榎本法律事務所 弁護士 豊崎寿昌 All Rights Reserved. Powered by Movable Type